Service(事業内容)

アクチュエータシリンダー・モーター 再生/設計/製作

― 油圧シリンダー ―

― 油圧シリンダー ―

■オーバーホールから新規製作まで

シリンダーの油漏れは隙間をガードするオイルシールの消耗、破損により発生しますが、必ずしもそれが根本的な原因とは限りません。
シールの破損原因を突き止め、再生することが、必要となります。
その原因は主に
(1)シール溝の傷、錆、圧力に見合わないシール材の選定
(2)ロッド・チューブの摺動部の傷
(3)ロッド歪み
(4)その他(クレビス、ポート等)

シールからの油漏れは、内部状態を知らせるサインと考えて下さい。
時間が経過すれば内部状態は悪化し、コストが嵩む可能性が高くなります。
早目のオーバーホールをお勧めします。
弊社は、クレビス、ポートの修理も致しますので、再生後(適正試験後)はそのままご使用できるよう仕上げます。
分解前に、症状・型式・寸法等の条件をご指示頂ければ、概算金額を提示致しますので安心して御連絡下さい。(分解後、最終見積を提出します。)
新規製作をお考えのお客様には、条件に合ったシリンダーの承認図面を作成し、御承認を得てからの製作になります。(図面を提示頂ける場合は、図面どおり複製致します。)

注)原因がシリンダー以外の機器にある場合もありますので、症状をなるべく詳細に教えて頂けると対処方法も変わります。その場合は油圧回路図とシリンダーの図面を御用意頂けると、原因が追究し易くなります。

― 油圧モーター ―

― 油圧モーター ―

■異変を感じたら早めのオーバーホールを

油圧モーターは、回転運動を行う油圧アクチュエータです。
いつもと違う症状(油漏れ、振動、異音、異臭、発熱)が現れたときは、御連絡下さい。
放置したままにすると、モーター内部に大きなダメージを与えます。(オイルが抜け、ギア・ベアリング破損、焼き付けを起こす原因になります。)
モーター内部は複雑な構成になっています。
分解により、一つ一つの部品を検品・清掃(軸受部周辺、ベアリング、べーン、シール材等)し、損傷部品の修理・交換を行います。
部品のなかには流通品とそうでないものがあり、とくに海外製や型式の古い物、加工品の場合は時間が掛かる場合があります。
定期的なオーバーホールをお考え頂ける場合は、なるべく時間を短縮できるよう、部品の在庫を抱えることも考慮しますので御相談下さい。(予備のモーターをお持ちでない場合は、ご検討下さい。)
完成後に性能テストを実施し、完治を確認してからの納品となります。

その他油圧機器バルブ・ホース/交換

- 油圧バルブ -

- 油圧バルブ -

■先ずは、症状を詳しく教えて下さい。

油圧バルブは、作動油の方向・圧力・流量を制御する役割をします。
バルブが正常に働かない場合は動作異常が顕著に表れます。
明確に故障箇所が判明してる場合は交換で済むのですが、原因が判明していない場合は、故障箇所を絞り込むのに時間を要する場合もあります。
症状と油圧回路図を御用意頂き御相談下さい。
また、回路図が無い場合は、直接お伺いして、症状を確認させて頂くことも可能です。(電気系に問題がある場合もあります。)
お客様自身で交換する場合は商品のみの入荷も可能ですが、油圧回路をよく確認してから作業を行って下さい。
知識がないのに交換しようとすると非常に危険です。
電流、残圧が残っている場合もありますので必ず電源を切り、作動油を抜くこと、又シリンダー、アタッチメント等の落下の危険もありますので、立ち入り禁止処置を忘れずに行って下さい。
知識のある方がいらっしゃる場合は、そばについていてもらうことをお勧めします。
(最近では海外製品も多く使用されており、入荷までに時間を要する製品もあります。)

油圧バルブの分類
分類 油圧バルブ JIS図記号 動作
方向制御弁 チェック弁 作動油の流れを一方向にし、逆流を防ぐ。
方向切替弁 複数のポートが設置されていて、弁体(スプール)移動させることにより、ポートの接続状態を変化させ、駆動、停止、流体方向を変える。
弁体の移動はソレノイド(注)によって行われます。
圧力制御弁 直動型リリーフ弁 入口のポート側の圧力が上昇して、弁体(ポペット)を押す力がスプリングより大きくなると、圧油をタンクに逃がすことで、回路圧を設定以上に上昇するのを防ぎ、一定圧を保ちます。
バランスピストン型
リリーフ弁
パイロット弁(圧力調整機能)により、圧油をタンクに逃がすことで、回路圧を設定以上に上昇するのを防ぎ、一定圧を保もつ。
(複雑な構成であるが、オーバーライド特性が高い為、チャタリングを起こしにくい。)
流量制御弁 絞り弁 作動油が通る流路の断面積を減少させ、流体に抵抗をもたせることで、流量を制限します。
流量調整弁 入口・出口のポートの圧力に関係なく流量を所定の値に保持できます。

(注)ソレノイド:電磁力を利用して電気エネルギーを機械的運動に変換する機能部品

上記以外に、電気操作によって、作動する電気操作弁もあります。

- 油圧ホース -

- 油圧ホース -

■定期的なホース交換で工程遅延の防止

油圧ホースは消耗品として代表的な部品です。
搬入前や定期点検(不具合や一定期間経過したものは交換する)することが一般的になっています。
現場での破損による事故や工期延期が、会社にとって甚大なダメージに繋がる可能性があるからでしょう。
現在では出張サービスも充実し、非常に便利になりましたが、基本は搬入前や定期点検をお勧めします。
機械を長時間にわたり稼働させていると油の流動摩擦や機械熱により、作動油の温度が上昇し内部チューブが劣化、硬化しホースが破損する場合があります。
また、外部からは、常に太陽の紫外線や雨にさらされ、振動、接触が繰り返し起こったりと、非常に消耗が激しい部品なのです。
油圧ホースの寿命は2~3年と言われています
現場で突発的に修理するよりも定期的に交換するほうが、工程遅延の可能性が低くなります。
弊社ではスケジュールを前もって御指示頂ければ、搬入前の単発的な対応も可能です
必要とあれば、外装ブレード(安全、接触対策)も御用意します。
もちろん、商品(アセンブリ)のみも対応致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 

油圧ホースアセンブリ
ホース・口金はこちら

建設機械部品アタッチメント部品・消耗部品 再生/製作

- アタッチメント部品 -

- アタッチメント部品 -

■市場流通性の低い部品・消耗品の加工はお任せ下さい。

弊社では、市場であまり出回っていない部品、消耗品でお困りなお客様に加工製作のサービスを行っております。(アタッチメントのメインピン、シリンダーピン、ブッシュ、カラー、アーム等)
勿論、シリンダー、スイベル、バルブの再生/製作にも対応します。
純正品であっても、定期交換が必要なパーツはの場合、複数生産によってコストを抑えられる可能性があります。
基材が不明確な場合は、故障部品から検体を採取し、成分分析に掛け、オリジナルに極力近い基材を選定します。
また、お客様の希望があれば、ハイグレードな基材をお選び頂くことも可能です。
基材の他にも改善の希望(強度、防錆防食のお悩み、セレーション加工、表面処理メッキ加工等)があれば御相談下さい。
複数の選択肢を用意してお待ちしております。
アーム・フレーム等の複雑な形状の場合は、図面を御用意下さい。
改善案がある場合は、承諾図面を製図し御承認を得てからの作業になります。
お客様の機械が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、全力でサポートさせて頂きます。

地盤改良機地盤改良機・ツールス 再生/製作

- 地盤改良機 -

- 地盤改良機 -

■改良機の修理・ツールスの再生/製作

地盤改良機のシリンダー、モーター、ホース、ドリルヘッド等の油圧部品から、ロッド、ビット、スイベル、チャックピース、ガイド、ブッシュ等の消耗部品に至るまで、トータルメンテナンスをお任せ下さい。
30年以上の実績経験から積み重ねたノウハウ・技術が、お客様を影でささえる強力なサポーターになれることを心よりお待ちしております。
勿論、製缶や溶接作業(デジタル溶接機完備)、ロッド、先端ビット、超硬加工よる摩擦対策も可能です。
比較的過酷な条件のもとで活躍する地盤改良機は、かなりのダメージを受けている場合が少なくないのが現状です。
稼働中の動作不良、圧力不具合、異音を感じたら早めのメンテナンスをお勧めします。
また、作業効率向上、使い勝手、機械の摩耗・消耗対策をお考えの方、複数の選択肢からお客様のご要望に合ったカスタマイズを施します。

摩耗消耗防止塗料セラミックコート/ポリウレア

- セラミックコートZi-01 -

- セラミックコートZi-01 -

■基材への高密着、塩害に強い防錆剤で部品の寿命を延ばす。

セラミックコートは微粒状のセラミック粉を高い混合比率でエポキシ樹脂系と結合させている特殊防錆塗料であり、防水性はもちろん、摩耗、衝撃にも強く、長期間対象物を腐食から守ります。
特徴は、

耐衝撃性

耐摩耗性

耐食性

耐水性

密着性

刷毛塗り施工

(1)極めて高い耐食性(耐塩水噴霧試験1万時間(試験内最大値)、耐塩水浸透試験6千時間
(2)プライマー不要の為、下地処理の時間が短縮(密着力が高い(接着力は37Mpa)為、直接の施工がより効果大)
(3)耐摩耗性(テーパー式耐摩耗性<㎎/1000回転> 53mg)に優れ、弾性(弾力性試験にて15%塗膜における驚異的な弾力性)もある為、耐久性が高いことです。
(4)耐衝撃性は施工部位(金属パイプ例)にハンマーでの衝撃をくわえたテストにて変形する配管(パイプ)ですが、塗膜の亀裂・剥がれなどの損傷はなく腐食の要因は発生しませんでした。
セラミックコートZi01はその密着性の強さからアンダーコート(下地塗装)を施工される前の段階、基材へ直接施工して方がより長期間の耐久性を得ることが出来ます。
(アンダーコート施工の上からの施工の場合、母材とアンダーコートの密着性しか得られません。)

- ポリウレア -

- ポリウレア -

■軍事設備に使用される程、驚異的な「耐衝撃性」「耐水性」「耐摩耗性」

ポリレア樹脂とは、アミン基とイソシアネートの化学結合(ウレア結合)によって生み出されたライニング剤です。
最大の特徴は、超速硬化、強靭な引裂強度・引張強度・伸び性・薬品対抗性・摩耗性に優れ、加水分解(劣化)しないというところにあります。
(ゴム・プラスチック・FRPなど衝撃等がそれほど多くなくても数年後に「ボロボロ」に剥がれてきているのを目にされた事があると思います。その現象が、加水分解(劣化)です。)

耐衝撃性

耐摩耗性

高強度

耐水性

耐薬品性

吹付施工

さらに、無溶剤、無触媒なので環境にもやさしい高分子結合物です。
軍事設備、プラント設備、シェルターにも使用されており、その効果が"驚異的"である為、建物外装・屋根の損傷・車(トラック)荷台等、その他さまざまな耐摩耗ライニング剤として、使われはじめました。
金属・木材・コンクリートなどに塗装することにより驚異的な「耐衝撃性」「耐水性」「耐摩耗性」が実現!!
さらに経年劣化にも強い!
摩擦係数も高く滑り止めの効果も期待できます。

リーフレットはこちら

カスタマイズ試作品(機械)相談/製作

- カスタマイズ -

■お客様の考えを「かたち」にするお手伝いをします。

近年、お客様より機械、部品のカスタマイズの相談が増えてきました。高強度対応、コスト削減策、利便性、メンテナンスの簡略化、新作の考案など内容は多種、多様に及びます。
長年、機械を使用されてるオペ、エンジニアの方におかれましては、いろいろ考えることがあるのでしょう。
そんな考えを「かたち」にするお手伝いをさせて頂くこともあります。
なかには対応が難しいものもありますが、弊社技術だけでなく創業からともに切磋琢磨してきた多種多様なスペシャリストとの協業でお客様のご要望にお応えることも可能です。
もちろん、守秘義務は厳守致します。
お客様の立場にたって、「最・適・解」な提案ができるようサポートさせて頂きます。